女の人

脳梗塞が起こる主な原因|発症させないポイント

生活習慣を見直して

下を向く男性

脳ドッグを受ける人が増加しています。この検診で小さな脳梗塞が見つかる人も多くいます。この梗塞が見つかったときは何が原因で起こっているのか、よく確かめ適切な治療や生活の改善をしていくことが、非常に重要になっています。

この記事を読む

様々な検査で予防

頭を押さえる女性

脳の画像検査、動脈硬化の検査を受けることは脳梗塞予防に非常に有効です。また、心臓でできた血栓が原因で脳梗塞を発症することもあり、その脳梗塞は症状が重く、死亡率も高いので、心臓の検査を受けることも予防には有効です。もし、不整脈の症状を感じるのならば、すぐに医療機関を受診すべきです。

この記事を読む

血栓による病気の予防

カウンセリング

脳梗塞の原因と知られているのは血栓や動脈硬化などの症状です。脳梗塞は重度の場合だと命の危険もあるため、早め早めの診断、治療がポイントとなります。初期症状としては手足のしびれ、言語障害や意識障害が挙げられ、少しの症状でも見逃さないことが大切です。

この記事を読む

脳に栄養が行かなくなると

患者

脳梗塞については、ご存知の方も多いでしょう。コレステロールが原因で動脈硬化を起こすと、血管が細くなり、脳に栄養が行かなくなって壊死状態になります。これを脳梗塞といい、今では3つのタイプに分けられていますが、いずれの場合も高血圧や加齢、そして心筋梗塞などが原因で血栓ができ、それが血管に詰まってしまうことで、脳梗塞になってしまっているのです。このため脳梗塞の治療をする場合は、原因となっている血栓を溶かす方法が用いられます。ただし時間が経つにつれて、血栓がどんどん血管を塞ぐようになり、脳の壊死も進行してしまいますので、できるだけ早く医師の治療を受けることが大事になります。通常は、発症して3時間以内に病院に搬送するのがいいといわれています。

また、血栓を作らないための生活を習慣づけることも重要になります。動物性脂肪分、あるいは糖分が多い食生活ほど、いわゆるドロドロの血液になりやすく、血栓を作る原因となりますので、これらの物をできるだけ避け、青魚や納豆、野菜や海藻を多く摂るように心がけてください。調理方法にも工夫してみましょう。油をなるべく使わず、糖分も控え目にすることで、かえって素材の味を出すことができます。また野菜を摂る時も、油の多いドレッシングはできるだけ使わないようにしましょう。それからアルコールですが、アルコール度数が高めのお酒を飲む場合は、分量を控え目にするのがお勧めです。また水分を多めに摂るのもお勧めです。ただし甘味の強いソフトドリンクは避けてください。

Copyright© 2016 脳梗塞が起こる主な原因|発症させないポイント All Rights Reserved.